2008年05月21日

ぼやいてみる

「脳卒中患者の行き場がない」

国の本音は医療費の抑制。
たかが、5分。されど5分。

今からこんなことを言っているようでは将来が思いやられます。
こちとら、小学生の頃から病気に二なって生命保険にも入れないのだ。


posted by something at 23:55| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

てんかん発作の要因


発作を引き起こす要因のいろいろ(気をつけましょう)

発作を引き起こす要因のひとつに「気の緩み」なんてありますが本当でしょうかね?
初耳でした。

寝不足やお酒、過度な疲労。
何といっても規則正しい生活が大事というのは皆さん共通する意見のようですね。
posted by something at 13:59| Comment(15) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

CT被ばく10年で3倍

CT被ばく10年で3倍

検査による放射能の害、ここまでとは知らなかった。

こんど、ほんのちょっとだけ「検査で被ばく」してくる予定。
ガンマナイフに比べれば、どうってことはない。無自覚だし。
ガンマは終わった後、放射能を短い時間に大量に照射したため、体がくたくたに疲れて放射能を浴びたという実感があった。

それに比べるとCТやМRIは痛くも痒くもなく患者にはありがたい。
が、痛くもかゆくもない画像検査はその実害が分からない。
実はそれは怖いことなのかも知れない。

あくまで、少し前の報告で結論が出たわけではないとは言え人ごとじゃないだけにちょっと怖い話だ。
posted by something at 22:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

風邪っぴきの後遺症

痰が絡むは、咳がでるわ、鼻水がでるわで嗚呼、辛い。
そういえば、ネコもクシャミしてたなあ(笑)
posted by something at 23:39| Comment(15) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

久々に風邪?

朝、起きてみるとちょっと熱っぽい。
シャツも汗だらけ。

着替えて、すべきことをすませて洗濯や掃除をする。
そこでも汗、というか冷や汗に近い・・・。なんだ?

昼食を食べて、体温を計るとなぜか、平熱より1度くらい低かった。
しかし、頭痛はしたので市販の薬を飲んで寝る。

夕方まで寝た。少しは治まったかな。

posted by something at 22:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

最近ネットサーフィン中に発見したブログで、今自分が服用している薬のことが書かれていて凄く気になる・・・

心当たりもある。気になる・・・

posted by something at 23:55| Comment(19) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

日数制限に声をあげる有名学者の悲痛な声


http://www.st.rim.or.jp/%7Esuccess/tadatomio2_ye.html


リハビリ日数制限(180日)の嘆き

著名な学者であった多田先生がリハビリ日数制限に反対されて声を上げているようです。

今、もっと声を上げなければ、この国の医療の仕組みは大転換し国民皆保険制度すらこのままでは危ういという声すら聞く。

この問題を放置していたら、自分のように特にお金持ちでもない若い患者は再発して、後遺症が出てしまった場合米国のように、病院から日数制限の関係で退院を迫られ行くあてもなく路上で・・・・なんてことにならなければいいのだが。

一寸先は病み、いや闇だ





posted by something at 16:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

今年も暑い

暑い。暑すぎる。
このままだと、南極の氷も遠くない将来になくなるんじゃなかろうか?ってくらい暑い。

天気予報の最高気温を見れば、それもうなずける。35℃なんてざらにあるんだから。
外に出てしばらく、いるだけで頭がボ−ッとしてくる。脳の血管から煙が出そうな気分。

直射日光はどうも苦手。
他の同じ患者の人達って平気なんだろうか?

(あまりに今日も暑かったが為に、何を書いてるんだかよく分からないし)
posted by something at 00:11| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

脳卒中、とっさの対処法


脳卒中発症!とっさの対処法はこうだ

知っておいて損はない。
大事なのは早めの受診、検査。

あの時、早目の検査で命拾いした一人としても、ここは必読です。


ゲンダイネット



posted by something at 17:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

検査結果

先日の脳波検査が昨年のそれと同じく割合、結果が良かったらしい。

「らしい」というのは昨年の検査もこんな感じで検査結果は良くて浮かれていたのだが、やはり軽めの発作は出てしまったものだから。
あまり、浮かれてはいけないが良い兆しではある。



posted by something at 00:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

危うく・・・

自分たちのような「癲癇発作」持ちにだけしか分からないが、発作直前には独特の雰囲気といか感情?意識があるらしい。

本やネットで色んな方々のを見させてもらって、それを大人になってからつくづく感じた。当然、ずっと意識がある場合に限るが・・・
視野が狭まった感じと、聞きなれた音が「遠くに」聞こえる感じがする。
間もなく、脳が混乱してきて「脳の中が嵐状態」

先日は、「あれっ?」と違和感があって視野が狭くなるまではなかったものの妙な感覚に襲われた。
実は、先日朝の薬をいつもよりちょっとだけ遅れて飲んでいたのだ。

他の体の部位と違って、脳とやらはどうも難しい。
義手や義足はあっても「義脳」なんてありえないだろうから。



posted by something at 22:03| Comment(16) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

芳しくなき結果

検査結果が芳しくなかった。
正直、へこんだ。

何時までこんな心配をしなければならないのか?
posted by something at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

村田渚さんが脳出血で死亡


「タモリのボキャブラ天国」で人気を集めた男性コンビ、フォークダンス DE 成子坂の元メンバーで、現在は「鼻エンジン」で活動していた村田渚さんが、品川区内の自宅マンションで亡くなっていたことが13日、分かった。35歳。



(yahooニュースより)



昨今のお笑いブームより以前にもこれに似た現象があって、確か爆笑問題とかまだ誰も知らなかった頃。番組で若手のネタをランク付けして競うコーナーがあったのを覚えている。
爆笑問題はその時の1位の常連だった記憶がある。当時から確かに面白かった。
「モンキッキー」もまだ「おさる」で「くりぃむしちゅー」も「海砂利水魚」だった頃。

10年も経てば残っているコンビは皆無でこの世界の厳しさが伺えた。

その中で当時、個人的に好きだったのが「フォークダンスde成子坂」だった。
その元、メンバーがまさかこんな孤独な終焉を迎えるとは・・・
歳もまだ35歳って社会的には若い部類じゃないだろうか?

頭が痛いと周囲に訴える→体調不良になるという症状が脳出血当時の自分の状況にそっくりで他人事と思えない。
もし、この時誰かと一緒だったら助かっていたかもしれない。
(そんなことを考えるのは愚問なのだろうか)

御冥福をお祈りします。
posted by something at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

悩み

ここ数ヶ月(3,4ヶ月)発作が続いている。
きちんと薬を飲んで生活していれば年に2、3回程でおさまっていた発作がここ数ヶ月は月2回のペースで出ている。
これは、子供の時にもなかったこと。正直驚いている。

てんかんに関係する薬は変えていないし、量も変わっていない。
体重も大きく変化していないし、第一ほんの数ヶ月前の血液検査では充分な結果が出ていたはず。これといった理由があまり見当たらない。

体調も悪く、あまり外にも出ないし人にも会わない。
それで精神的にも滅入ってしまう→何も張り合いがないから病的になりやすい
こういった悪循環のような気がする。
おまけに症候性のてんかんのため補助なども期待できない。

今の健康状態ではアルバイトもできないし困ったものだ。
正直、今どうすればいいのかわからないし、考えるのも嫌になる。


posted by something at 17:49| Comment(19) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

数日前から

数日前から右胸付近に痛みが走る。
まさか、薬の副作用じゃないよね。

不安・・・
posted by something at 00:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

巡る季節

今年もこの季節がまた巡ってきた。

十数年前、夏の暑い盛りの、この日に危うく命を落としかけたのだ。
偶然に中学時代からの友人と会う約束をしていて、それで気付くのが早かったから対処も出来たようなもので、新しい大学時代からの友人はこの事実は詳しくは知らなかったはず。運命とは奇異なものだ。

今でさえも、当日の記憶が何一つ思い出せない。
気付いたらベッドの上で、既に九月の半ばであったのだ。

良く生きていたものだと思う。

途中、生きる事が嫌になることもあるが、何かしら意味があって生かされているのだと思い踏みとどまる・・・

そういえば、3年くらい前に大学時代の友人に会った。
「28日に2人で遊んだなって」
そうだ、すっかり記憶が抜け落ちてしまったと思いこんでしまっていたのがこの一言で前日の記憶が蘇った。同じ大学の友人と過したんだった!

みんな、就職して結婚して家庭を持って・・・
いつまで経っても自分独りだけが変らないような気もする。

posted by something at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

夕方の出来事

先日の夕食時、脳に違和感を感じる。
「あれ、これは発作かもしれない・・・」

この感触は独特のイヤなもので、脳の病気をしたものでないと分からないだろう。
しかも、人によってその感覚も違うんじゃないだろうか?

慌てて自分の部屋に戻り、ベッドに横になる。
あまり、よくは覚えてないのだけどちょっと落ちついてから親も様子を見に来た。

まいったなあ・・・・最近、ちょっと発作が続いているような気がするが。

posted by something at 17:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

左半身麻痺のエースの晴れ部隊


左半身まひのエースがつかんだ晴れ部隊

凄い。
自分もこの頃はもう最初の出血で倒れていたが、障がいが無い身でも難しいだろうに。
そして、それを理解して登板する機会を与えてくれた周りの理解と何より本人の努力に賞賛の声を送りたい
posted by something at 00:20| Comment(24) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

風呂上りは危険

昨日、風呂上り。
いつものように体を拭いて「さあ、食事だ」と食卓に向かう寸前、違和感を覚える。「もしや・・・」と思い安静にしていたがそのまま気分が悪くなる。

薬は食後に、と思っていたのでまだ飲んでいなかった。

折角、この前の検査は良かったのに勘弁して欲しいよホント。
頭が痛くなったりしなかったので、それだけがまだ救い。

入浴やその直後は危険だとあらためて思い知る。


posted by something at 17:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

2歳児の脳動静脈奇形手術が成功


2歳児の脳動静脈奇形の手術成功 和歌山


2歳なら覚えてないだろうなあ、おそらく。
そのほうがいいのかもしれない。

小学校で手術を受けたけど、脳内出血の痛みとか術後の治療や検査の辛さといったら、今でも忘れることができない。

それにコドモにとっては、あの病院の暗くて不気味なくらい静かな夜は寂しくて応えるんだよなあ・・・・

ちりあえずは、病巣も摘出したようだし写真を見る限りでは元気そうなので、
「退院おめでとう」と同じ病気を経験したものとしてエールを送りたい。
posted by something at 17:36| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。