2008年01月13日

君が見るのはどんな夢?

お、重い・・・・
(うーん・・・、何かが乗っかっている夢)

こちらは彼らを見ているだけで癒されます。猫たちはココが寝心地がいいようです。明日もおいでね。
posted by something at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうなってるんですか、これ(笑)
猫の頭が2つ…。
Posted by 綾香 at 2008年01月16日 15:50
ネコはいいっすよねー。
最近夜、近所でふぉー。ニィヤーなんて盛ってんだか縄張り争いなのか。
Posted by うにパパ at 2008年01月16日 21:19
室内から撮影してます。
ネコは外側で寝ている状態。

で、茶色の猫が上に乗っかって、もう一匹は下で寝ていますね。

野良ネコや近所の飼い猫やこの付近は田舎なだけに若者より猫の方が多いです(笑)


Posted by something at 2008年01月16日 23:37
きょうだいでじゃれている猫たちを見るにつけ彼らには悩みや苦悩はないのだろうな・・・と思います。

今度は、生まれ変わるなら猫になって親切な人のとこで暮したい。。。。

夜中の猫の妙な鳴き声はよく聞きます。縄張り争いなんでしょうかね。
Posted by something at 2008年01月16日 23:43
「猫の恋」は冬の季語です。
うちの猫は避妊手術を受けていますが、
この時期、変な声で鳴いたりします。

猫は、人間には辛そうに思える姿で寝てる事が多いです(笑)
あんまり気持ち良さそうに寝てると、つい、
触って起こしたくなります(笑)

ネコ鍋をやってみたいんですが、適当な鍋がありません。
爪切りを嫌がるので、毎回大変です(夫の役目)
家のあちこち、爪の傷が…(泣)
寝るのが仕事のニャンコです(羨ましい)
Posted by かれん at 2008年01月17日 15:40
冬の季語に猫がらみの言葉があったとは初耳です。勉強になりました。
そういえば、近頃はオス猫がチョロチョロしてます。気になって・・・。

ネコ鍋はですね、いらない鍋があったんで屋外でそれとなく置いてみたり猫を寝かせてみたりしましたが、お気に召さなかった(笑)ようで、すぐに逃げ出しました。

家で本当は飼いたかったけど、事情もあって仕方ないです。気ままに自然で暮して、時々こうしてここにひなたぼっこに来てくれれば。
Posted by something at 2008年01月18日 14:15
猫嫌いを公言する人って、けっこう猫にはまるんですよ。
猫の毛でアレルギーが出るとかじゃなかったら、思い切って家の中に入れてみたら、案外上手く行った…なんて(笑)
猫も人を見ますから、自分が嫌われてると感じたら近づかないし…。いよいよって時は
「ハァ〜!フ〜ッ!」って威嚇しますもん。

実家の父が動物苦手でしたけど、猫は20年以上いましたよ。ひょんな事から飼い始めたんですけどね。父は猫に酒の肴を分けてご満悦でした。留守にする時の小屋を作ったり。
良い癒しになるんですけどね、ホントに…。

家に入れると「毛」と「壁や柱の爪の傷」対策は必須です(泣)トイレもね…。
Posted by かれん at 2008年01月23日 10:54
あ、今も仔猫の鳴き声が・・・
本当は家の中に上げたい、でも我慢して明日遊んであげよう・・・

母は絶対に嫌いで、父は屋外で飼うには賛成。黙って、母のいない時に家にあげましたが猫の毛が落ちてて、バレて怒られました。

癒しになってますよ、本当。
この子たちの顔を見るために起きてるようなものです(言いすぎ?)
Posted by something at 2008年01月24日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。