2006年10月23日

お昼寝中、失礼!

NEKO1022.jpg

お昼寝中をパチリ。子猫ってカワイイなあ。


posted by something at 01:49| Comment(8) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土鍋でのご飯の炊き方のコツはいろいろあるんです。
今度、ゆっくりお教えしますね。
水加減、火加減、火の止め時、蒸らし時間…。
何度かやって、鍋の癖もつかまないと…。
では、また…。
Posted by かれん at 2006年10月23日 16:01
親も「難しいよ」の一言でした。

水加減が調味料の分だけ増えてしまっただけに多くなってしまい結果、水っぽくなってしまったかと。
それに途中、ちょっとだけフタを開けちゃったのとあとなんといっても蒸らしが良く分かってなかったです。

生まれた時にはもう米は電機釜で炊くものだって以外は実際に見たことない世代ですからねえ。
Posted by something at 2006年10月23日 20:52
蓋を途中で開けるのはNGです!
うちの鍋の説明書には
1、炊飯前に15分吸水させる(洗米、計水後)
2、強めの中火で、吹いてきてから15分強で消火。
3、消火後、最低15分はそのまま放置(蓋は絶対に開けない)

炊いてきて掴んだコツとしては、
*吸水させなくてもOKってこと。
*計量キッチリ!別のボウルかザルで洗って鍋に 米を移す。
*吹いてきて“おネバ”が出て来るので、時間よ りも“おネバ”が出なくなってから消火。
 (おこげが欲しければ、直ぐに消火しない)
何度も試して鍋の癖をつかむこと、ですね。

美味しいご飯はいいですよ。
ご健闘を祈っています。
Posted by かれん at 2006年10月24日 13:42
炊飯ジャー釜土焼きの私の出番はない・・・。
Posted by きのこ at 2006年10月25日 14:24
かれんさん、有難うございます。そこまで・・・
途中で蓋を開けるのはダメだというのは知っていましたが、なんせ馴れない事ゆえでき上がっているのかどうか確認しないことには食べられず仕方なく開けた次第です。最初の吸水は知りませんでしたよ。

いつか余裕のある時にまた挑戦したいですね。
Posted by something at 2006年10月27日 22:18
きのこさんはそういえば家事は苦労しつつも工夫されてるみたいですね。家事の先輩として尊敬しますよ。

で、炊飯ジャー釜土焼きってどういうのなんだろ?
Posted by something at 2006年10月27日 22:23
そういう名前の炊飯ジャー。構造はよく分かりません(^_^;)
お釜が重いので、つくしくんに毎回とってもらっています。で、洗って戻します。
Posted by きのこ at 2006年10月29日 23:30
家事も協力してもらっているってことなのでしょうか?ウチは父と自分が食事も作っているから母は帰宅したら、すぐご飯食べられるいい身分(笑)
それで新米炊いたら美味しそうだなあ・・・
Posted by something at 2006年10月30日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25979442
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。