2009年04月21日

居眠りネコ

居眠りネコ

『やっぱり昼寝はここに限る。邪魔は(あんまり)はいらないし、なんといっても心地よい日差しが最高』とでもこのネコは思っているのかな?

人が近寄っても全く逃げるどころか寄ってくる。
(ノラ猫なら警戒して逃げるはず)

ちょっと、なつきすぎたかな?
まあ、そんなところが可愛いのです。


posted by something at 21:45| Comment(11) | TrackBack(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かわいい(^^)
この手はsomethingさんですよね〜?
somethingさんが猫ちゃんの身体に手を入れたんですか?
それとも、猫ちゃんがsomethingさんの手に抱きついてるんですか?(=^0^=)
Posted by 綾香 at 2009年04月22日 11:00
そうです、手は自分のです。
ネコちゃんはのどをさわさわさされるとゴロゴロと喉を鳴らしてご機嫌になってくれるので、ついついなでちゃいます。

そりゃ、こちらを見てお腹を見せて「かまってよ〜」って感じですから、何もしない訳にはいかないでしょう?(笑)

こんなことして遊んでると、しまいには手や顔までペロペロなめてくることがあるんです。
笑っちゃいますが、可愛い・・。
Posted by something at 2009年04月22日 20:54
こんばんは!

可愛いですね〜☆
somethingサンに懐いてるんですね〜☆
ネコちゃんは、自由気ままにかまってほしい時に凄い甘えっぷりで、寄って来る感じ・・
それがまた、可愛いですよね〜☆
アノ・・ザラザラひっかっかる感じの舌でペロペロされたら、「あ〜私のコト好きなのね〜☆」って錯覚起こします(笑)

私、ネコアレルギーじゃなかったら、絶対ネコちゃんも家族にしてました(;;)
親戚や、友達に、ネコちゃん飼ってるお家が多くて・・1日とか、短時間なら大丈夫なんですけど・・2.3日の泊まりとかだと目がグジュグジュに溶け出すんです(笑;)
アレルギーって治らないんですかね・・?
花粉症とかは、軽減したりする治療や薬があるのに・・。

余談ですが・・うちのお母さん曰く・・
ケガしてる所をうちのワンコに舐めてもらうと傷の治りが早い!!と・・(笑)
お父さんは「そんな事したら病気になるだろ!!」って怒ってます(−−;)
もう、お母さんも56歳で年ですが・・傷の治りが遅いみたいで・・ワンコに舐めてもらうと直ぐ治るそうです。
そんな事ってあるのかな?

気持ち悪い話でスイマセン(;;)

somethingサンのネコちゃんの写真って、みんな可愛いですね!
夜な夜な癒されてます(^^)











Posted by あや at 2009年04月24日 00:39
あやさん。
私も猫アレルギーです。
少しなでるだけなら良いんですけど、一日中やってると、くしゃみ・鼻水・目が充血してカユカユ・・・。
似た症状ですね(^_^;
私の方がちょっとひどいみたいですが。
今は猫ちゃんを見かけても追いかける事もしゃがむことも出来なくなったので遠くから見るだけです(;_;)
somethingさんところみたいに抱きついてくれる猫ちゃんと遊びたいです(笑)

そうそう、AVMですが、「混合型血管奇形」になりまして脳以外にもできるんですが、他の場所ではこれといった治療法も確立されておらず、治療も健康保険外で・・・と厳しい状況です。
厳密に言えば、下肢に出来たAVMはクリッペル・ウェバーと言うそうで、東京都だけに自治体として医療費助成があります。
脳にあるからといって転移する病気ではないので(と今のところいわれてます)他の場所にできるとは言えないんですが、難病指定を求めて活動されてる方々がいるので、現在、大半は小さなお子さんが身体にAVM等を発症している親御さんが難病指定の活動などをされているようです。
もちろん成人の患者さんもいますが、患者は自分の生活などで精一杯なので、身内の方(親や旦那さんや奥さん)がこういった活動を熱心にされる場合がほとんどのようです。
会の代表も小さいお子さんが混合型血管奇形の方で、ちょうど私たちくらいの年齢です。
http://blog.goo.ne.jp/sakuranbo4918/
あやさんともお話があうかもしれませんね(^^)
発症場所は違いますが同じような境遇で頑張られてる方とお話するのは心の支えになるのではないかと思います。
ところで、難病指定ですが、指定されると治療法を研究する費用がついて治療法確立への第一歩になります。

現在は社会保障費削減に向かってますので、新しく難病に指定されることはここ何年もなく、現在ある医療費助成があった特定疾患でも医療費助成の要件が厳しく(重度にならないと助成がなかったり…)なってたりします。
でも今年は社会保障費削減に批判が集中しましたので、難病対策のお金も4倍だそうです。
今年が難病指定のチャンスみたいです。
Posted by 綾香 at 2009年04月24日 12:14
さきほどのは代表のmomoママさんのブログURLです。
混合型血管奇形のホームページはこちらです。
http://www.kongougata.com/
Posted by 綾香 at 2009年04月24日 12:17
ネコっていうのはお腹が空いていたりして、かまって欲しい時は本当にチョロチョロしてそうでないときには知らん振り。分かりやすいですよね。

怪我しているところをなめてもらうと傷の治りが早いって・・人間なら分かりますけど。犬のは??です。
人間の唾液には、傷などの回復を早める効果がある成分が含まれているらしいです。ただ、他の動物のは細菌や雑菌がどうこうで・・・勧められないかもしれませんが・・・
Posted by something at 2009年04月25日 14:46
こんな、可愛い猫を見ても遊べないなんてネコアレルギーは切ないですね。自分がそうだったら人生の半分は損した気持ちかも。

自分なんて、道ばたに捨てられていたりする仔猫がいたりしたら、5分はそこに留まっているタイプなので。あと、ネコと同じ目線でゴロゴロ寝ころぶのも好きですね。

社会保障費の削減は目に余りますよね。特に2000年以降は。このままだと、我々が70とか80歳になった時は食べるにも困るかもしれませんね。

Posted by something at 2009年04月25日 14:59
いつも癒されるぅ〜
ネコいいなーと思いつつまだ飼えずにいる
仕事帰りに目を付けていたスコティッシュフォールド♂も売れてしまい残るはミケ♀
あとは犬ばかり

Posted by うにパパ at 2009年04月25日 21:06
こんばんは。

綾香サン、情報有難うございます!!
先程、拝見いたしました!
各支部が、かなり遠いので・・直接出向いて参加は出来なさそうですが・・離れていても私にも出来る事があると思うので、遠距離ながらも協力していきたいですね!
教えていただき有難うございます!!

綾香サンも猫アレルギーなんですね(;;)
触ってる時は良くても・・アレルギーが出てくると辛いですよね〜!
息子は、動物、生き物全般大好きで・・実は・・
食用のサワガニも飼ってます・・
揚げ物用で売ってる(笑)

somethingサンの言うとおり・・動物の細菌っていますよね・・。
ワンコにキズを治してもらってるお母さん・・
その内・・毛深くなってシッポとか、生えてくるかもしれませんね!!(笑)

明日・・もう今日ですが、鉢と土を買ってお野菜の種もかって、家庭菜園にチャレンジしたいと思います!!
今、植えようかと思っているお野菜は
ミニトマトとナスなんですが・・
あんまり虫の付きにくいお野菜って、何かありますか?付いても構わないんですけど・・初心者も育てきれそうなお野菜とか・・。
良かったら教えて下さい!!




Posted by あや at 2009年04月26日 03:41
うにパパさん、われわれ人間は物言わぬ動物に癒されますね。特にネコなんて気まぐれで機嫌の良い時にしか人間の相手をしてはくれないのに、それでもいいんですね。

こちらは、山ばかりの田舎なのでネコはペットショップでなくて、そこらへんの野山に普通にいますよ。
Posted by something at 2009年04月26日 21:32
あやさん、私は最初はプランターでミニトマトから始めましたよ。今は畑も耕して、たくさん野菜を作ってますが。

ナスも毎年、作って天ぷらなど楽しんでます。
畑に種からまくとたくさん収穫できてお得ですが、プランターだとなかなかそうもいかないかな?ゴーヤとかも支柱を立てて育てると、夏場は緑のカーテンにもなって一石二丁みたいですよ。

虫がつくのは安心な証拠なので、取って洗えばいいのではないかと・・・。自分は基本的に無農薬で育ててます。

葉の虫食いの跡などは、取るなり洗って食べれば心配ないと思いますよ。
自分は「農薬の危険性」よりは、「虫も食べられるほど安全な野菜」ではないかと思っていますから。
Posted by something at 2009年04月26日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117876062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。