2009年03月17日

お先まっくら

http://www.asyura.com/07/qa2/msg/172.html

そもそも福祉国家はこの国の人口構成では難しいとか。
北欧とは人口が違いすぎるし、人口の構成比が全く異なる。

おまけに日本は「年金詐欺まがい」の国ですから。
悲しい事実。
保険にも入れない、病気がちの自分は・・・百円貯金でもしとこ。




posted by something at 23:49| Comment(9) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
色々、皆様にお話を聞けて良かったです。
本当に、有難うございます!!
今までこういった、書き込みをした事がなくて、
不安でいっぱいでした。でも
みなさんも大変なのに、励ましていただいたり、お話を聞かせてくれたりして・・本当に感謝しています。有難うございます。
他の病院の先生にも、相談してみようと思います。

今日は・・花粉と黄砂が気になりつつ・・
自宅の前にある公園で泥だらけになって遊んできました!もう少しで桜も咲きそうで・・
お散歩するには、気持ちの良い時期ですね。

Posted by あや at 2009年03月19日 00:41
まだまだ、お子さんは小さいですがさぞ心配でしょうね。同じ年頃の子どもを持つ同級生もいるもので、つい感情移入してしまいます。

あまり、不安になりすぎてあれもこれもと制限せずに普通に生活できると思います。
自分がそうでした。

かかりつけ医や定期の検査などもすれば、なおいいですね。
この病気は、出血せずに気付かないまま一生を終える人もかなりいると考えられますし。

子供が外でいっぱい泥だらけって・・・目に浮かびますよ。元気が一番ですよね。
Posted by something at 2009年03月19日 01:12
Somethingさん〜、生命保険は多分、はいれるんじゃないですか?(^^ゞ
日本生命に限っては脳出血の既往症があれば一生無理だそうですが…。(現在は。そのうち変わるかも?ですね)
最近は、ゆるいやつがあるので、アリコとかのなら多分Somethingさんならいけるんじゃないかと…。
過去、入院を連続5日以上は何年間はやってませんよね?手術とかも…。
脳出血後5年たってない私はまだどこも無理ですが(^^ゞ
Somethingさんの場合は癲癇の欄で多少なにかあるくらいかも〜?
でも癲癇もちでも運転免許には影響がないみたいなのは不思議ですね(^^ゞ危ない気が…
放射線障害の件ですが、Somethingさんが就職した時に仕事が覚えられなかった的な話をしてましたが、あれはガンマナイフの影響かもしれませんよ(;^_^A
でもこれも脳出血の後遺症と同じで、どこまでがそのせいなのか解らないですよねー。
癲癇予防薬のせいかもしれませんし。
私も脳出血後に記憶力とかは落ちた気がしますが…。
高次脳機能障害の影響か?とか思いますけど、だからどうって無いですしね。
すぐ忘れるのでメモは欠かせませんよ(´Д`)


あやさん。
早くきれる方もいますし、一生きれない方もいます。
たくさん情報収集して検討されると良いと思います。
AVMが発生した場所によって、選択する治療法が違うと思います。
余計な話かもしれませんが、現在の大きさのままだといいんですが、AVMは成長していくのでそこは気を付けてくださいね(;^_^A
ガンマナイフの治療には何センチ以下とかあったと思います。
あと、AVMが成長して癲癇発作があるようになるかもしれません。
だいたい切れる前にAVMに気付くのは癲癇からだそうです。
そうなると除去しても発作は残ることが多いとかなんとか…。
でも、私はAVMがあって脳出血もしましたが癲癇はありません。
前日までスポーツをしてましたよ(苦笑)
右脳の上側にあり、左麻痺になりました(;^_^A
切れる時期から治療法からなにから全て一概には言えないのがAVMですね…。
たくさん情報収集してくださいね。
解ることは答えれると思いますので聞いてくださいね。
Posted by 綾香 at 2009年03月19日 09:38
綾香さん情報どうも。確かに以前、詳しく調べたことがあって、やはりかなり高くつくらしいと。
保険に数年かかっていて、病気になったのと病気になってから保険を考えるのでは天と地の差って思うのですが、自分だけ(笑)

親とも相談して、その時は入らないことに。
アリコか・・・今の経済状況では保険や外資は控えたいです、怖い。

ケチケチと自給自足で今は暮らしてます。ただ、最近数年、発作がないのでこのままいけば何とかならないかなって思ってます。

脳出血の後遺症ですが、子供の時も歴史がクラスで1番得意だったし、国名と首都名も120カ国覚えられたくらいなんです。それほど、深刻ではなかったかも。

ただ、2回目の出血とガンマはどう影響したかは不明です。方向音痴だったり、幼稚園からのんびりした子だったのでそこは関係してないかも。

でも、薬は眠くなる効果もあるので、常に「ぼんやり」した感じはしますね。
何というか、今ひとつテキパキとやる気が起きない感じかな?

Posted by something at 2009年03月19日 19:09
綾香さん有難うございます。
確かに・・何が解らないか解らない・・様な感じです。
場所によっては、手術が出来ない事も、癲癇の事も先生が説明で話してくれました。脳動静脈奇形の影響で、脳回形成異常でもあるそうです。
今、診ていただいている先生は摘出手術ではなく放射線治療を、ある程度の年齢になってから始めましょう・・との事でした。
息子は、左のこめかみ奥にあり・・摘出にはむかない様ですが、まだ出血もなく、症状は何も出ていないので・・脳回形成異常がある中での可能性やリスクなどふまえた上で、他の先生の話も聞きたいと思っています。



Posted by あや at 2009年03月20日 04:06
「脳回形成異常」・・・初めて聞きました。
滑脳症(脳回欠損)のようなものなんでしょうか?
でもまだ何も症状は出てないということなので違うものでしょうか・・・。
「何が解らないか解らない」・・・わかります。
調べていかないとさっぱり解りませんものね。
でもインターネットがあるのでどんどん調べてください。
あとは同じ病気の方から話が聞けると勉強になると思いますが・・・これも主治医によって言うことがバラバラのようで、みんな言うことがそれぞれバラバラ・・・(苦笑)
特に除去後の検査についてはバラバラです(^_^;
全く検査をしてない人もいれば、年1回ちゃんと再発してないか検査を受けてる人もいます。
ここは自分で納得いく説明を信じるしかないのかなぁと思ってます。
あと難病指定ではないので脳出血になって重度障害(重度障害の場合はお住まいの自治体により医療費助成があります)の指定を受けてない人は医療費が負担になるので(若いので3割負担ですしね)お金と相談という面も多いかもしれません(^_^;
あと、脳だけに主治医によって「手術できる」と「出来ない」があるようですよ。
(無理に手術して後遺症が出るのを機具して手をだせないんですよね。でも、更に後遺症がでるのを承知で手術をされる方もいるようです。)
ゴッドハンドと呼ばれるドクターはそれ(後遺症をださずに手術できる自信のある)の範囲が広いからゴッドハンドと呼ばれてる・・・と思ってください。
だから富永病院も「後遺症なく全治退院」となってるんです。
Posted by 綾香 at 2009年03月21日 10:13
機具・・・危惧でした(^_^;
Posted by 綾香 at 2009年03月21日 10:15
綾香サン有難うございます。
とても参考になります。
滑脳症・・と一緒なのか違うのか、私も解らないです。
MRIの画像を見るかぎり・・右の脳より、左のAVMがある脳のシワがゆるい感じでした。
先生は、AVMの影響で脳回形成に異常があるのかもしれない・・と。
言語障害、運動障害などが出てくる可能性もあるし、出ない可能性もあるかもしれない・・そうです。AVMの事を調べると、ネットでも色々と出てきても、脳回形成異常の事はなかなか解らなくて。私も、旦那さんと必死になって調べてはいるんですが・・脳回(シワ)を治すのは不可能な事みたいです。
まずは、AVMですね!
でも、Somethingサンの所にお邪魔して良かったです。色々お話を聞けて・・ホントに良かったです。正直焦る気持ちと、ネットをみてあおられてしまった・・と言うか、パニックと言うか・・そんな感じでしたが、お話をきけて肩の力が少し抜けました。焦らずに、じっくりとお医者さんに話しを聞き、楓の将来を考え、どうするか考えて行こうと思ってます!
Posted by あや at 2009年03月22日 00:47
綾香サン有難うございます。
とても参考になります。
滑脳症・・と一緒なのか違うのか、私も解らないです。
MRIの画像を見るかぎり・・右の脳より、左のAVMがある脳のシワがゆるい感じでした。
先生は、AVMの影響で脳回形成に異常があるのかもしれない・・と。
言語障害、運動障害などが出てくる可能性もあるし、出ない可能性もあるかもしれない・・そうです。私も、旦那さんと必死になって調べてはいるんですが・・脳回(シワ)を治すのは不可能な事みたいです。
まずは、AVMですね!
でも、Somethingサンの所にお邪魔して良かったです。色々お話を聞けて・・ホントに良かったです。正直焦る気持ちと、ネットをみてあおられてしまった・・と言うか、パニックと言うか・・そんな感じでしたが、お話をきけて肩の力が少し抜けました。焦らずに、じっくりとお医者さんに話しを聞き、楓の将来を考え、どうするか考えて行こうと思ってます!
Posted by あや at 2009年03月22日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115818297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。