2008年12月27日

MRIの凄さ


なぜ、MRI室は鉄製のものが持ち込み禁止なのか痛いほど分かる動画

われわれは、こんなものに頭をつっこんで検査している・・・
内臓とか他の場所には、異常がないのか疑問になる。


posted by something at 00:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜにスイカにボンベ・・・と思ったんですが、6歳の子がこういう事故で亡くなってるんですね・・・。
Posted by 綾香 at 2008年12月30日 09:33
現に日本でも酸素ボンベが検査室の前で「宙に舞い」大事故になりかけたという事例もあるようです。細心の注意が必要とはいえ、緊急患者の搬入時などは現場はバタバタしがちですからね。

それもですが、あんな強烈な磁力を年に数回、受け続けているわけですが、体のどこか異常は出ないもかなと?

IQが高くなったりすれば嬉しいけど(笑)
それは、ないか・・・

ttp://city.hokkai.or.jp/~makky97/risk/riskura3.htm
Posted by something at 2008年12月30日 16:51
巨大ピップエレキバンみたいに血行は良くなったりして。
・・・ないでしょうねぇ(笑)
Posted by 綾香 at 2008年12月31日 11:12
somethingさん、
明けましておめでとう御座います。
謹んで新年のお慶び申し上げます。

いつも読み逃げばかりでした。(^^;)
本年も変わらずお付き合い下さいませね。
Posted by 絵夢 at 2009年01月01日 01:12
巨大エレキバン・・・(笑)
ひどい肩こりも一発で治るか・・・もって?

そんなわけないですね(笑)
でも、実際そうだったら少しはお得なのに。


Posted by something at 2009年01月02日 20:46
絵夢さん、明けましておめでとうございます。
こちらはなぜか全く、新年の気持ちがしない正月を迎えております。(どうしてかな)

読み逃げは、実はこちらもです(笑)
皆さん、いろいろなんだなって・・・

たまにはこうして書き込みもどうぞ、歓迎しますよ。
Posted by something at 2009年01月02日 20:52
遅ればせながらことよろです。喪中なんでことよろです。
MRIの超伝導磁石の凄さってこんななのかー。
あのシュッコンシュッコンって音。
あれは外にヘリウムボンベがあって、四六時中ちょっとづつ気化させて超伝導温度に冷却させる音なんだそうです。
磁力が人体に与える影響・・・きになりますねー。
電波は明らかにやばいですが。フォーマの周波数帯?1.2GHzの定倍に電子レンジの周波数があります。
機器ですから少なからず出てると思いますよぉ。
と、脅してみる。^^) でもホント。長時間頭の近くは良くないにゃぁ
Posted by うにパパ at 2009年01月09日 22:54
うにパパさん、ちょっと遅くなりましたがこちらこそ今年もよろしくお願いします。
(喪中だったのですね・・・)

さて、あのシュッシュッの音はそういう音なんですか。何だろうな?とは思ってましたが、機械の音だろうとくらいに納得してましたので、「へー」という感じです。

レンジや携帯の電磁波も巷では云われてますが、それなしではもう生活できないので、自分のなかでは影響なんてなかったことにしてます。
そうはいうけど、20歳くらいまで携帯なんて誰も持ってなかったんですよね。我々の世代も。
Posted by something at 2009年01月10日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111760598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。