2008年10月26日

良薬口に・・・

たった一晩、朝起きれば喉が痛い。
何事か?

どうやら昨晩はかなり空気が乾燥していたらしい。
唾を飲むのすら辛い。これは大変・・・
うがいをするもたいして変わらず、こんな時に限って肝心ののど飴も見当たらず、どうしよう。

ネットで何か方法はないものかと検索すると、「蜂蜜」がかなりいいらしいという研究結果が得られた。
「これは、いいかも!」ということで、さっそく家の蜂蜜をスプーン一杯だけゆっくりと飲んでみた。

いい感じ。

数時間後。喉のつらさはすっかり消え、蜂蜜の凄さを実感。
『良薬口に甘し』なんて何と『美味しい話』なんだろう。

posted by something at 22:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほ〜う。
今度のどが痛くなったら試してみます(^.^)
声がガラガラになったのにも効き目があるかな???
Posted by 綾香 at 2008年10月28日 18:44
おととい、ヤフーのネット検索でこの事実を初めて知ったんです。何も薬がなかったので助かりました。
甘いし砂糖じゃないから歯にも悪くないと、まさに一石二鳥の事実。

声はまあ普通でしたから効果は?です。ただ、腫れていた喉が翌朝には治ったことを考えると殺菌効果のあるこれはいいかも。

薬+うがい手洗い+蜂蜜でバッチリかな?



Posted by something at 2008年10月28日 21:36
ふむ、つくしくんに教えてあげよう。ありがと、somethingさん。
Posted by きのこ at 2008年10月29日 22:07
きのこさん、あくまで民間療法?ですので。
あと1歳未満の乳児とかには蜂蜜は駄目みたいなんですね。(今回初めて知った)

喉は調子いいですが、ダルさはまだまだ抜けないんですよ。

Posted by something at 2008年10月29日 23:38
お大事にしてください。
こちらもすっかり寒いです・・・。
Posted by きのこ at 2008年10月30日 10:52
民間療法でも効く物は多いですね。
大根をサイコロみたいに切った物に
蜂蜜をかけて置いておいて出てきた
水分が喉の炎症に効きますよ。
息子で確認済み(笑)

蜂蜜にはボツリヌス菌が入ってる事があるので
乳幼児は避けた方がいいんですって。

ビタミンCを風邪の引き始めに集中的に取ると
重症になりにくいです。
私はこれプラス「エキナセア」というサプリも一緒に飲みます。
これも私と娘で実証済みです。

予防が大事なので、うがいと手洗い、首と付く場所を温めるのも実践しています。

風邪はひかないに限りますね。
Posted by かれん at 2008年10月31日 12:55
昨日よりまた少し回復はした気がします。
食欲がある分いいのでしょう。

こちらも南国なのに寒いです。
ネコを抱いてれば暖かいのに、家はペット禁止・・・(悲)


Posted by something at 2008年10月31日 16:40
そうそう、大根おろしをした時の汁は風邪予防だ!とちょっと飲みにくくてもそのまま飲んでます。
「カーッ!」ってなりますが(笑)

蜂蜜は今回は助けられましたね。毎食後飲んで、喉を労わって。寝る前にもいいらしいですね。
うがい、手洗いは心がけていますが果物が足りないかもしれなかったです。

なんだか、毎年風邪をひいているような気がします。
弱ってきたのかな?

Posted by something at 2008年10月31日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108653540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。