2008年10月07日

たまには国会でも見てみた

国会中継をガラにもなく見てみることにした。
他人事ではないことが起きているので。

ふと疑問。
「あの総理大臣とか厚生労働大臣はいったい誰の味方なんだ?」

とてもじゃないが、国民の味方じゃない。いじめてばっかりじゃないか。(違うかなあ?)

そういえば、なんかの週刊誌に歴代の厚生省のお役人たちの自宅と顔写真と取材した様子が載ったのを見たことがあった。
ほとんど取材拒否。
ご立派な自宅に車。天下ってのうのうと暮らしているとその記事には書かれていた。

外国だったら彼らは大変なことになっているはず。日本だから暴動が起きないんだろうねえ。

まったく嫌な世の中になっちゃいましたね・・・。


posted by something at 00:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
舛添さん、大臣になる前はそこそこマトモな事も言ってたし、なった後もやろうとした発言やらはあるんです。
でも官僚が…そこまで力ありすぎなのかって感じが見えますね。
どうも今の日本の医療・介護の問題は官僚が作ったみたいです。
やろうとしたけど官僚の妨害。
『なんでやらないんだ』と民主党のごもっともすぎる指摘。
舛添さん、『オレだってやろうとしてんだよ!でも官僚や自民党議員が邪魔するんだよ!』ってキレてるように見えます(笑)
まー言えませんよねー。
Posted by 綾香 at 2008年10月07日 07:46
テレビタックルとか、朝生に出ていた頃が懐かしい。もう別人になられましたね。

明治の富国強兵のころは官僚制が上手く機能したのでしょうが、今は弊害が目立ちますよね。民主党もなぜかいいところでボロをだす悪い癖?があるんで、どうしたものかと。

何党、何党じゃなくって本当は一緒にすべきなのに。「怒るで、しかし」って感じです。

Posted by something at 2008年10月07日 15:17
なんという奇遇。
私もここ数日。見ております。
他局がつまらないと思ったらたまたま自称秋葉原のヒーローが答弁しておりました。内輪の自・公からの質問と答弁にはしらけきりました。どの政党にも覇気がなく覇気があるのは総理だけ。気づいたら眠ってしまいました。自民も民主ももとは自由民主党でしたね。最近は共産・社会党に共感したり。
話は変わりますがYoutubeの「本気でネコに襲われてみた」をごらんになりましたか?さしみちゃんというネコに覇気をもらってます。
Posted by うにパパ at 2008年10月07日 17:21
見てますか、やっぱり。
今、ヤマ場ですからねえ。

ちょっと都合が悪いかなって時は、他の大臣が代わりに答えたりとか官僚が原稿を棒読みみたいな。
まあ、ヤマ場は年金問題を舛添大臣に問う場面。大臣は官僚言葉で国民目線にたってないことがよく分かりました。

民主は自民の一部や社会党、日本新党その他の野党もろもろを一緒にしてできたものですからね。万年野党なのは共産党くらいです。

ああ、あの「ネコに襲われてみた」シリーズですね。さしみちゃんでしたかね?
見たことあります、ハマりましたね。

ネコは可愛いのですが、なぜ?なんだと微笑ましくも謎で謎で仕方ないです。


Posted by something at 2008年10月07日 23:44
オレンジや牛肉みたく政治家輸入自由化にならないかなー。個人的には直接民主制がいいのですが。
さすがネコ好きだけあってもうご閲覧ずみでしたか。多分カメラのレンズが気にくわないんだと思いますよ。
以前飼っていた猫は扉から片目だけ出してそーっと見て、そーっと引っ込めると、大振りなウェスタンラリアートでバシっときましたからねー。レンズが二個あればまた違う気がします。
Posted by うにパパ at 2008年10月08日 09:41
農耕民族であるこの国はフランスやイギリスみたいに、己の努力で自由や権利を勝ち取った歴史がある国家と比べれば、大人しいですよね。
勝ち取ったものか与えられたものかの差異かなあ、って思ってます。
大統領制なんかもおもしろいけど、どだい選挙に行かなさそう。

あのサイトはネコ好きなら見てるはず。
Youtubeで「猫」と入れると出てきます。
「ネコに襲われてみた」って見ちゃいますね、ネコ好きなら。
自分はケータイで撮ろうとしたら、ネコパンチを喰らったことがありますよ。可愛いのを。


Posted by something at 2008年10月08日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。