2008年08月22日

1種類減る

また、薬が1種類減った。
食事と運動に気をつけたのが効果が出たのだろうか。

とにかくも胃にもお財布にもやさしい事実。
素直にうれしい。

posted by something at 00:05| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直うらやましぃ。
お財布より快方に向かってるって実感できる事実だものね。量が減るだけでもうれしいよ。
Posted by うにパパ at 2008年08月24日 22:15
うにパパさん、コレステロールのほうですよ。
脳じゃないんですね・・・もう、頭の方は一生でしょうね、今の医学では。そう思ってます。

体重もちょっと増えてきて、おそらく人生の最高記録です。運動不足と加齢かと。
てんかんなどの薬はもう何年も変ってないですね。
Posted by something at 2008年08月24日 23:43
お薬、減ってなによりです。
コレステロールなら卵やマヨネーズ禁止ですね(;^_^A

昨日はお惣菜を作って実家に行ってきました(40分ほどですが)。
疲れました…。
母は痩せてました(;´∩`)
先日の大発作での一泊入院で数万円だったそうで医療費は馬鹿に出来ませんね。
うちの母は薬でコントロール出来るようになったら万々歳ですが、なかなか薬だけの力では難しいんでしょうね…。
なんせけっこうな高次脳機能障害と失語ですから話は通じないし、自分も解ってないんで昼夜問わずやたら動きまわりますから、寝不足や疲労なんてお構い無しでして(;^_^A
義父が疲れ果ててます。
Posted by 綾香 at 2008年08月25日 11:37
家族をあげて注意したのが、効果が出たようです。週イチの焼き肉も月1に減らすとか。カロリーオフのマヨネーズを使うとかして。しまいには自家菜園まで。お母様、大変だったらしいですね。自分も大発作で一泊入院とかあるんで、ちょっとお母さんの気持ちがわかったりして・・・久々の病院のシンとした真夜中の冷たい雰囲気は寂しいものです。周りは知らない人ばかりだし。今では、だいぶ合う薬も決まってて自分なりに「落ち着いて」はいますが1,2年に何度かは発作が出ます。

とにかく手術後の3年程度は要注意とか誰かに聞いたことがあります。体重と血中濃度が一定であれば、合う薬があれば理屈では治まるはずですがね。

そういえば、今は老人ホームで車椅子の祖母も一時期は足腰が丈夫で何度か脱走しかけて大変だったとか・・・。介護サービスを活用しないと本当に自宅介護のかたは倒れてしまいますよね。
Posted by something at 2008年08月26日 14:16
よかったですね。
毎日数種類飲む薬。
それだけでも、ストレスですもんね。
それが、1種類減った嬉しさ、私も経験がアリ解ります。
増えたり減ったり、その繰り返し…。
おかげさまで私も、当初8種類までいった薬が
今は、4種類の半分に本当に、胃にも、財布にも優しいですね。
お互い気を付けてこれを続けたいものですネ。
Posted by ありえへん at 2008年08月26日 21:31
7種類から6種類に減りました。
でも、この6種類は抗癲癇剤や血を流れやすくするとかの脳に関係するものなので減ることはないかも。数年前から固定してますから。

たまに不摂生がたたれば検査で変な数値が出て、薬も増えてしまうので気をつけなくては。

8から4種類は相当減りましたね。すごい。
お互い摂生を心がけましょう。
Posted by something at 2008年08月26日 23:07
絶対に飲むべき薬は今は1つなんです。
昔は8個くらいあったっけ?
ここに至るまで長かった…。
最後の痙攣から6年目なので、
大丈夫だとは思いますが、飲み忘れの無いよう
チェックしています。

猫には気の毒なんですが、見ていて面白いので
時々ドッキリを仕掛けます。
驚く時のリアクションに癒されています(笑)
垂直ジャンプのリアクションが最高です(ゴメンね!)
何故か夫のバイク用のジャンパーが大好きで
ジャンパー目掛けてヘッドスライディング。
ジャンパーでぐるぐる巻きにされても喜びます。
12歳になろうかと言う猫なのに、子猫みたいです。

季節の変わり目です。お互いに気をつけたいですね。
Posted by かれん at 2008年08月27日 15:53
薬は少ない方がいいですよね。
コレステロールについては、悪玉と善玉があるようですよ。
Posted by きのこ at 2008年08月27日 21:32
LDLのお薬ですね。あっしは副作用で、食事と運動療法です。マック禁止。クリームパン禁止。チョコレート禁止。orz。禁煙より厳しいかも。
Posted by うにパパ at 2008年08月27日 22:30
かれんさんは、もうそんなに痙攣の発作から解放されているのですか、いいなあ。

自分の人生で最も長くて、3年弱くらいでしょうかね。高校から大学で再度出血するまでが何もなくって、まるで完治したのかのように思い違いし、無茶な生活をしてましたね。
脳波検査の結果は最近は悪くないでですが、どうなることやら。

ネコちゃんたちもすっかり大きくなりましたが、相変わらず遊んでくれます(笑)
外出から帰っても、まずはネコにお帰りと喉を「ゴロゴロ」と撫でてあげるのがくせになってしまいました。
Posted by something at 2008年08月27日 23:55
そうそう、少ないに越したことはないです。
お金もだいぶ安くなるかなと(実は最もこれを期待した)思ったのですが、思っていた半分ほどしか安くならず、そこはあてがはずれてしまって。

LDLは計測されてないですね。総コレステロールの値で計測したようです。とにかく、今回は基準範囲に落ち着いてくれました。

そういえば、甘いものはだいぶ食べている・・・規制しなきゃまずいかな?

Posted by something at 2008年08月28日 00:03
きのこさんなんかはお薬はどのくらい飲まれているのでしょうか?
今は粉薬もあるので、正直めんどくさいです。子供のころは全部錠剤だった時期があったので。

最近、ほとんどお魚とか食べないから悪玉コレステロールが多いのかなと心配しております。善玉、悪玉・・・食生活ではあまり意識しませんね。
Posted by something at 2008年08月28日 00:09
私は5種類プラス頓服2つです。
皆さんのようなてんかん発作はないのですが、中枢性疼痛の発作を和らげるための薬です。
きちんと飲んでいると痛くなることは、ホント、少ないです。ふ・し・ぎ。
Posted by きのこ at 2008年09月03日 13:29
頓服もあるのですね。疼痛とか、そうですか・・・やっかいでしょうが、薬をちゃんと飲めば痛さがなくなるからいいのですね。

発作は飲まないと、出る確率が極めて高くなりますがちゃんと飲んでても、出る時は出る。そこがちょっと厄介なんです。

Posted by something at 2008年09月06日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。