2008年08月13日

御神籤を引いてみた

ちょっと寄った先で御神籤を引いてみた
ちょっと寄った先で、何の気もなく引いてみた御神籤。
やっぱり気になるのは「病気」

そこに書かれていたのは『信ぜよ、治る』との心強いことば。
ちょっと心強いんだかテキトウなんだかわからないのだけど、要するに気の持ちようだとか、自分で養生しなさいということかな。

お賽銭ちょっとケチりすぎましたかね?どうでしたか、神様。
posted by something at 23:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジェネリックが試験されてないなんて
綾香さんが仰ってますが、
その言い方はどうかと思います。
彼女は色々お勉強されてて、知識も豊富でいらっしゃいますが、専門家じゃないのですから、
その言葉を鵜呑みにされては如何なもんか・・・
不安をあおりますよね。
Posted by 通り掛かり at 2008年08月14日 20:19
治験で有効性や安全性が確認されたものが先発医薬品です。
その特許が切れたあと(20年くらい)同一の有効成分をもつとして臨床試験を行わずに承認されてるのが後発(ジェネリック)医薬品です。

確かに今は医療費の抑制から後発医薬品を使うように促されてますが、ジェネリックを信用していない医師もいるのは事実だそうですよ。

確かに専門家ではないので、別に不安を煽ってるつもりもその必要もありませんが…。
ジェネリックも安いので良いと思いますよ(;^_^A
Posted by 綾香 at 2008年08月14日 22:26
通りすがりさん、綾香さんのコメントは、私のブログの話題についてのことなので、専門家であろうが素人が見聞きしたものをここにコメントしようがかまわないのですよ。本当に重要なことならば、自分で調べますし確認しますから。

彼女がそう見聞きした(らしい)とここにコメントしたということでいいんですよ。
皆さんのいろんな情報で、自分の役に立ってますし、大事なのは最後は自分自身の確認かと。

今度、書き込まれる時は何か楽しい話題でもお願いしますね。
Posted by something at 2008年08月15日 00:26
自分の飲んでいる薬を調べるとジェネリックが多いんですね。実は。
すでに癲癇などの薬は古いので後発品も充実しているのでしょうね。

コレステロール値とかが、高くって薬を飲んでいるのですが確か親も一時、飲んでいたような・・・?遺伝的なものもあるのかな?
この薬が、結構高いのです。

スタンプカードでポイントがたまるとかだったらいいのにって思いません?床屋みたいに。一杯になったら次回は割引とかしてくれないかなあ(笑)

Posted by something at 2008年08月15日 00:36
なんだか私のコメントが物議をかもしてしまってすみませんm(__)m
素人でも病気をすると自分の病気の事は調べる機会も増えますし、いつものように情報のひとつとして提供したつもりでした。
もちろんSomethingさんのおっしゃるように、例えばAVMの再発の可能性のように、自分でも必要であればそれについて調べるだろう前提というか、今までもそういうパターンでしたので、パッと見られた人が私のコメントをまったくそのまま調べることもなくただ鵜呑みにしてもらう可能性も無いことも無いですね…。
しかし、国とかもまったく同じことを公に反対のことでやってると思ってます。
全く同じ効き目で安価です、と。
全く同じではなく、ほぼ同じです。
胃薬ならなんでも良いとかいう方にはジェネリックとかは安いし大賛成ですが、シビアな状態の方がようやくたどり着いた薬をジェネリックで…と考えるなら、私はやはり『慎重に』とアドバイスします。
『ほぼ同じ』ですが『違う薬』。
まずは試すつもりでジェネリックにかえるのが良いのではないかと。
私もいつも飲んでる薬のジェネリックがあって薬価に目に見えて差があるなら、かえてみてると思います。
ジェネリックはダメと言ってる訳ではないです。
合わなくて元の薬に戻す方もいれば、むしろジェネリックの方が合う方もいてると聞きました。
それだけ少しの違いがあるということだと思います。

Somethingさん、記事の違うところでこうなって、ごめんなさいねー(;^_^A
Posted by 綾香 at 2008年08月15日 09:39
物議って・・・面と向かって話せばこういった「誤解」も少なくなるのでしょうけどね。
自分は別に気にしてないし、むしろ書き込んだ方々がイヤな思いをしていないか気にしてます。

閑話休題。
情報が少なかったり多すぎたりしても、患者としてはその取捨選択が大変です。二回目の出血まで自分がavmであることすら知りませんでした。ちゃんと説明しなきゃ、うちの親(笑)

ジェネリックも当該の薬局が扱っていなければ駄目だし主治医の判断もあるのでしょう。
抗癲癇などの薬はジェネリックばかりで助かってます。ただ、コレステロールの薬がそうでないのは辛い。あれは結構、高いですよ。

最近、メタボ気味っぽいし仕方ないのかな?


Posted by something at 2008年08月15日 15:59
コレステロールの薬は他に種類はないんですか?

私はてっきり癲癇の薬の方が新薬で高額なのかと思ってました。

コレステロールのお薬も、飲み初めは効果が出ないような薬でしたら種類を変えるのは躊躇しますよね?
そうであっても薬を変えた影響とかで一時的にコレステロールがあがっても問題なければ、別の薬や別のジェネリックにするとかはどうでしょう?

あとはこれも聞いた話になりますが院内処方の方が処方箋で薬局で変えるよりも安いそうです。
これに関してはジェネリックと違って『自己負担』が軽くなるだけで、社会的な医療費抑制への効果には無関係だと思いますが…。

ただ、やっぱり薬の飲み合わせみたいなこともあるでしょうから、Somethingさんみたいに複数の薬を飲んでるならなるべく1つの病院が安心かもしれませんね。


この色々なコメントはあくまで聞いた話ですので有益そうな情報だと思う部分はやはり調べてみてください。

なるべく誤解をなくす書き方をしないといけないかと反省しましたので、説明がくどくなっちゃってすみません(;^_^A

お互いに医療費がかさんで大変ですね(^o^;
Posted by 綾香 at 2008年08月15日 18:19
主治医とあれこれ相談して薬は、「この前のはちょっと合わない気がします」とか、他にも種類があったら教えて下さいと頼んでます。
だから、これまでにも色々と薬は変わってますよ。しかも、なるべくジェネリックを。

もしかするとジェネリックなのにそんだけ高価なのかも・・・自分の勉強不足。

しかしこの薬がかなり効果があるようで、数値が安定しているんです。うまくいけばこの前の薬みたいに止めることができる日が来るかもしれません。子供のころからの薬代いったいいくらかかったのだろう?計算するのも怖い。
Posted by something at 2008年08月15日 22:00
病は気からともいいますもんね。
で、その気は医食同源だったり。
でも恋の病はいくつになってもよいよねー。
石田ゆりこちゅぁ〜ん。みたいな。
Posted by うにパパ at 2008年08月16日 21:03
何事にも忙しかったりしたころは、そういえばあまり体調不良は言わなかったかも。気の持ちようというのも一理ありますね。

が、気合で治るとか無理なのでそれだけの問題でもないですけど・・・。

中学生の頃のような「恋の病」は長いことしてませんね〜。忘れました、正直(笑)
麻生さんや石田姉のような綺麗な方はいいです。
癒されます。だいぶ脱線しましたね、失礼。
Posted by something at 2008年08月17日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104704781
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。