2008年07月15日

あぶない、あぶない

危なかった。
飲んだつもりでいた、薬。

今日は出かけていて、薬を別に持ち歩いていていつもの場所と違うところに置いていたのが原因。
早く、気付いて飲んだので何でもなくてよかった。

これが、翌朝まで飲むのを忘れていたりすると薬と血中濃度の関係で発作を誘発するらしい。
入浴中におきてしまったらと思うと怖い。
実際に、以前お風呂上がり直後の発作があったのだ。

いろいろと飲み忘れの工夫はしてる(つもり)なんだけど、それでもやはり危ない思いはしますね・・・・だめだねえ。

posted by something at 22:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
something 様

初めまして。
♪ 新しい朝と申します。
脳内出血時に反対側の脳にAVMが見つかり何年か後痙攣発作。その後塞栓術とガンマナイフ治療をやりました。通院中です。幸い麻痺はありません。

ただ、物忘れとか過去の記憶が「???」な時があります。薬も飲んだのかまだ飲んでないのか家族に聞く事が多々あります。

私も「あぶない あぶない」です。
Posted by ♪ 新しい朝 at 2008年07月18日 19:18
はじめまして、新しい朝さん。
「脳内出血時に反対側の脳にavmが・・・」とありますが、最初の出血もやはりavmなのですか?
それとも、avmが両方の脳にあったとか?

麻痺がないのは同じですね。ガンマは二度とやりたくないですね。

あまり気にならない程度なら物忘れはありますよ。薬の飲み忘れを防ぐために毎日、投薬カレンダーで薬を管理しています。
朝、起きたらそこから薬をとり食後に服薬。夕食まで忘れないように分かる場所に置いておきます。なんとか工夫をしているのに外出したり、置き場所を変えたりすると忘れかけているので怖いですね。

Posted by something at 2008年07月18日 22:47
something 様

おはよ〜ございます

出血は右脳でした。
その時左脳にAVMがみつかりました。
ガンマ治療前は4p程の大きさになっていました。

ガンマナイフ、も〜やりたくないですネ!
器具を頭部に付けてある時の姿を記念写真に撮りました。いつか必ず笑い話しにと思いまして。

薬だけは気を付けたいと思います。






Posted by ♪ 新しい朝 at 2008年07月19日 07:41
新しい風さん、おはようございます。

大変な想いをされましたね。手術されたほうも、した医師も驚いたのではないでしょうか?
しかし、その時に見つかって良かったですね。

私は10年以上後に同じ場所から再出血ですから。また、にょきにょきと出来ていたわけです。

ガンマをするときの麻酔注射ととか、頭へのドリルとか今思い出してもブルッとします。あれは少しトラウマかも。
Posted by something at 2008年07月19日 11:06
sometingさん!薬の飲み忘れは注意してくださいね。私はてんかん発作ではなく疼痛発作ですが、薬を飲み忘れると発作が出やすいので、夫によく怒られます。

ガンマはあのとき・・もう3年とちょっと前ですね、somethingさんが私が怖がらないようにと、とてつもなく痛いということを黙っていてくれたこと・・・、覚えていますか?
とにかくあれだけはもういやです!

新しい朝さん、はじめまして。私は左片麻痺なんですよ〜。よろしくおねがいしまーす。
Posted by きのこ at 2008年07月19日 18:24
きのこさん、飲み忘れに関しては2重3重にチェックする工夫は自分なりにしています。それでも「思い違い」することがありまして・・・。
後で飲んでないことに気がつくから、翌日まで忘れはしませんが。

ガンマの話はええ、忘れもしません。悪いことしたかな・・・・とも思いましたが「目茶目茶いたいですよ」と脅しても黙ってても、痛いことに変わりはないし(笑)
治るためにはどうしても通る道だって思えば、治った今では、あの痛さもいい思い出ですよ。

自分なんかこんな情報を教えてくれる人もいませんでしたから。これを2回やった方がいるらしく本当に頭が下がります。

Posted by something at 2008年07月19日 21:43
something 様

こんにちは!

ガンマナイフはトラウマになりますよネ!
も〜やりたくないです。
尿管に管を通すのも痛かった思い出があります。

きのこ 様

はじめまして! 
どうぞ、宜しくお願い致します。

Posted by ♪ 新しい朝 at 2008年07月20日 17:51
新しい朝さん、あれはトラウマになりますよね。今でも思い出すと、金具の当たるおでこのあたりや締め付けられる感じがかすかにして身震いしてしまいます。
管うんぬんは意識がないときだったので、幸いおぼえてませんけど・・・(考えたくもないし)

1回の照射で奇形がなくなってくれて本当に助かりました。
Posted by something at 2008年07月20日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102955800
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。