2009年05月23日

いつもと別の病院にて

いつもの病院ではなく、別件で他の病院で診察を。
脳外科ではなかったためか、患者も老若男女いろいろ・・・

時には他の病院に行ってみるのも比べるという意味で、重要かもしれない。実はあたりまえと思っていることがそうではなかったり、(患者の立場で)はっと気付かされたり面白い。

久しぶりの痛い治療。
まさかの局所麻酔まで登場。心の準備が・・・。
数十分後、無事に終了。今のところ、何とか良い感じ。

しかし、ここにもマスクはなかった。
自分の後から来たおばあさんも「マスクはないの?」と。
薬局「すみません、品切れでして・・・」

さしずめ、自分もまわりもマスク狂想曲といったところ。
posted by something at 14:48| Comment(19) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

久しぶりに体調不良・・・・

ここ最近調子よく経緯してきたはずの体調。
それが先日、突然気分が悪くなる。

久しぶりに味わってしまう、「あの気持ち悪い感触」
(発作の前触れって皆、こんな感じなのかな?)
意識もしっかりあったし、周りの状況もいつもより把握は出来ている。
普段よりは軽い部類だったみたいだ。

薬は忘れてない、睡眠は足りている。
そうなるとやっぱり季節がら?

この季節は起きやすいのかな?
他の方はどうなんでしょうかね?


posted by something at 21:39| Comment(53) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

訃報


まさか、ザッピング中の国営放送で彼の訃報に接するなんて。
病気から復帰してコンサートもした矢先だっていうのに・・・

こんなにも「ロック」なシンガーもそうはいまい。
彼には信念があった。思想があった、誰にも譲れないものがあった。

だから、「COVERS」も発売中止の圧力に負けず、別会社から発売している。素晴らしい反骨精神をもった痛快なアルバムだった。
これまで、アイドルや売れ線の音楽ばかり聴いてきた自分には非常に斬新に聴こえた。これを、聞くと他の歌謡曲がアホらしく聞こえてしまう。君が代をパンク風に唄ったのも、あとにも先にも彼しか聞いたことがない。

ラジオで一番、好きな「スローバラード」が聞こえてきた。
未だに、自分の中ではこれを越えるラブソングはない。

ちょっと、早すぎるよ、でも今まで有難う。




posted by something at 00:33| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。